初優勝

駅伝3区、3.8km。

前回覇者、循環器内科に勝つことを目標に。やっぱ速い人はそっちの専門にいるんだなあ。

規制なしで、歩道をはしるので、

赤信号は止まり、信号無視はペナルティー。

幸い、黄色で渡りきり、一位で最終区へ繋ぐ。初優勝でした。

f:id:kababuu:20170624202507j:image

 

 

 

Remove all ads

二位でした。

順位、タイム共に目標達成できて、久々の嬉しさが込み上げてきた。

スタート直後から順位が決まるようなローカル大会ならではのレース展開。独走の1人を除く、ほか6名の争い。スピードに乗れず、先行き不安もあり5k17:23の後は10k35:47と何だかズルズル行きそうな足取り。折り返しで5番手、前方に等間隔で3位までは見渡せる。足はまだ動く。一気に前を捕らえる勇気はなく、少しづつ間を詰め、3位に。残り5kを切り、二位も見えてきて、捕まえられそう。さぁどこで行くか、競技場を3/4走るところで家族に威厳をみせつけるか、早めに仕掛けるか。と考えなから。結局、早目に。付かれても抜き返す力はあるはずと、残り1k手間で勝負。一旦足音がついてきたけど、必死に逃げる。

1:14:47、久々の表彰台にピノとガォくんも連れて。最後の表彰台かもしれないし。

ピノも練習タイムを2分短縮し、11位。次は自力で表彰台に上がってね。

 f:id:kababuu:20170618205704j:image

 

実戦に向けて

週末は1年ぶりのハーフ。不具合はいろいろあるけど、15分は切りたい。そして、珍しく応援がいるので入賞したい。

ここのところ練習周期が崩れてしまい、休めているはずなのに硬く、突っ張る筋肉。

今どんな走りができるのか、想像できない。

楽しみでもあり不安でもある。

f:id:kababuu:20170616213354p:plain

 

 

幼児期の教育

f:id:kababuu:20170614215916j:image

絵本には敢えて漢字をつかい、ふりがなは付けない。難しい、と決めつけるのは大人、子どもは漢字を手掛かりに、スラスラと読んでいく。というかもう全文丸暗記。この時期が、丸暗記の能力の最高潮期だから。

でも、漢字学習としてやらせないこと。漢字を読めることは、彼らには遊びにすぎず、大人も遊びとして捉えなければならない。

 

という保護者への説明があり、教育も科学的裏付けが求められる時代か、と。

 

オタマのままでいいじゃない

ちまたでは、ゲロゲロ鳴いてるのに、我が家では、いまだ7匹はオタマ。

どうやらオタマは個体密度、食餌、温度、水量などの環境によって、それぞれの考えで、変態の時期を変えるそうで。敵もいないし、オタマのままでいいや、と思っちゃうことも、このまま冬を越すこともある、と。

学ばせていただいております。

 

 

オンオフ

f:id:kababuu:20170611205316j:imagef:id:kababuu:20170611205340j:image

緊張感ある仕事を終え、ピノの学び舎へ。20年前の日々を思い出すような、オールドアメリカンなプレイパークに。馬車に2度乗り、荷馬車が揺れる♪って歌うのは私だけか。

 

 

Remove all ads

理想郷

f:id:kababuu:20170607212417j:image

本日は遠足の引率にて、車で30分ほどの校地へ。

なんてすばらしいコースだ、と感動しつつ、2㎞程散策。

関係者のみが立ち入ることができるワンダーランド。

走るにはやや急勾配な箇所もあるが、それもまたよし。

「帰りは走って帰りますのでお構いなく」とできるのも、さらによし。

 

 

 

Remove all ads