Progress

住宅地にある約1.7㎞のコースを7周。そんなメニューが平日の定番。

夕方ランが可能となった今は、週1回は「上げられるとこまで上げようの日」としている。

読み上げられるラップから、次の1㎞はより速く、と単純。

thirteen とthirtyみたいな単語が聞き分けられないこともあるが、リピートしてないし。

2月の頃と比べると、5月に入り好調期。

f:id:kababuu:20200523211401p:plain

走りが進化したのか、といえば、その確信はない。

天候のせい、単に調子がいいのかもしれない。

単に90%の力を出していたのが、92%だせるようになった、ということなのかもしれない。そうであっても、出るようになったということは、悪いことではない。

 

オレンジゾーンを減らそう、といってタイムを追い求めるのもちょっとしんどい。

これまで同様、痛みがなく走れたうえで、自然とそうなったらいいなって思ってる。

 

f:id:kababuu:20200523212655p:plain

 

交通安全のため派手な格好で走り、必死の形相なわけで、徐々に目撃情報が。

 

ミニマムアクセスを語る

少し穏やかな時間が戻りつつある。

休みが終わろうとしているからなのか

塾のオンライン授業が結構合ってるのか・・・確かにノートの取り方、復讐の仕方など、ダメなものダメというし、ちゃんと教えてくれているようで。

それとも本人が成長したのか・・・この時期はどんどん変わるんだな、とみてて思う。

ミニマムアクセスについて語り始め、検察について問われ、お買い得な洗剤はどれかを計算し始めて。

この手の珍回答は、ときどき楽しみたい。

f:id:kababuu:20200522223253p:plain



遅ればせながら

彼らは初登校、そして私はオンラインがスタート。

ミッションは「ランドセルの置く場所を確認する」30分で終了。

オンラインは、初日から案の定の「鯖落ち」。あすもダメでしょう。

20時を過ぎてもサービスを受ける側・提供側ともに入れない、仮想空間の「講義室」。

誰が入ってるんだか。

カエルの母再び

f:id:kababuu:20200517215645j:image

例年はGW中に訪れる植物園。

新緑眩しく、花々も負けじと。

今年からメダカの販売も始まり、一匹200円から1万まで。

f:id:kababuu:20200517220323j:image

そんなメダカを買う目的で、ピノは自身の年収に相当する金額を投じる。そうなるとガオもお年玉を使い。

さらに、ブウの反対を押し切り、池のオタマを育てることに。

f:id:kababuu:20200517220611j:image

今回はドボンせずに済みました。

マスクドランナー

日中まで強い眠気で、否応なく走らされるトレイルコースを選択。最近はこれまで無縁だったであろう人々も足を踏み入れるスポットとなり、マスクを開閉しながらの。

炎の体育会tvが大好きな子供達と、マスクドランナーと対決する遊び、私にとってはガチ練、がマイブーム。

270mの周回コースをハンデをつけて競争。本日はピノと三本勝負。

1本目は走で15秒のハンデ、でしたがあっけなく。

2,3本目は自転車で、逆に3-5秒先行して走る、としたが、これも白いマスクマンの勝利。

走り出す緊張感、後姿を捉えてからの加速は、なかなか1人では生まれ得ない高ぶり。

ご近所さまには、大捕物のような形相に見られたようで。

 

ニューノーマル

f:id:kababuu:20200514223131j:image

密かに職場もこんなの出してた。

 

家庭訪問を終え、追加の課題が出され、来週は登校も、いよいよ始まる。

2月あたりから、夕飯前に走る、が定着し、夜の過ごし方が変わってきた。別に家で仕事できるし、オンラインだし。

提供する側もされる側も、なんとなくこの時間、労力無駄だなーって内心ありながら行ってきたことが、かなり無くなり、当然困らないわけで。

戻すなよ、と思う一方で、本当これでイイのか、戸惑いもなくは無い。なんだかんだいっても、今の自分があるのはそんな時を経たからこそ、とも思えなくもないし。もう出来上がった人の基準がズレるのも止む無し。

ファミコンに始まり、mac, Windows、web、携帯、そしてcovid

人生の新たな潮目に。