Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

細やかな幸せ

走っても痛くない。走り終わっても痛くない。ようやくこの日が来たか、と感慨にふける。魔法が解けないように。

毎朝10分くらいだけど、ガオくんとブロック遊びや野球をするのも、お互いにとって大切で、今しか味わえない幸せなのかも、と。

ピノが持ち帰ってきた宿題に苦笑。会議か?

f:id:kababuu:20170425222428j:image

主体性ってどうやって

・普段食べる食品の栄養成分表示を切り取って持ち寄って見比べよう

・粉末スープを自分好みの味になるようにお湯を加えて、各自のスープを塩分計で計ってみよう

なんて、あれこれと、きっかけを提供するのだが、あーそう、で終わる。

?や!がない。

ことごとくスルーされるともう打つ手はない。

なんでオレがここまでしなきゃいかんのか。

って思ってたらみんな苦労してるんだなきっと。

benesse.jp

主体性を発揮することにデメリットが大きく、周りに同調したり乗っかるほうが安心で、確実、って思考なんだろう。

一見周りから見ると「やらなくてもよかったのにやったのはなぜか」というところに「主体性」が隠れていることが多くあります。

【採用面接官の視点】主体性|就活ノート|就職活動中の就活生がつくるリアルな就活情報・選考レポート

「やらなくてもよいことはしない」ヒトから、それを見出すのは無理だわ。

いいかげん、ブチ切れそうだ…イカン、主体性が失われてしまう…

 

みんなで仕事もいいもんだ

天気もいいし、知り合いもいるってことで家族総動員、仕事へ。

「ランニングクリニック」と銘打ったイベントを担当。

参加者は17名。5月のハーフに向けた内容ということでしたが、

PBが1時間20分台の青年から、2時間オーバー、70代のランナーまで、と多彩。

最初は歩きながらのストレッチ。

次はラダー。ラダーをすると動きのコントロール能力が如実に表れるなあと。

メイン練習は・・・さてどうしようか、と思案する中で、クルーズインターバルに決める。

厳密にはそういえないかもしれないけど、ハーフのペースはおよそ閾値ペース、速いグループは4分で1.5km6分を6本、他のグループは5~6分で1kmを6本、間を共通で2分レストとすれば、なんとか皆でスタートして、待つ待たされるがなく出来ると。

先頭グループは結局1名のみになったので、後の5本は私が併走することに。やや不安もあったけど、余裕をもって、むしろじれったいペースに感じられたのでホッとする。

フォームのことはよく質問されるが、結局は現状が身体が認識しているベストな走り方なのだろうし、自分の身体で走りやすい感覚を得られるかどうかは、だと思うので・・・なんてめんどくさいことを言うといけないので、難しいですね。

 

さて、応援団のピノは、6月のマラソンに向け、ブウ監督のニンジンぶら下げ作戦で、2㎞走14分35秒(500mごと 3:28-3:28-3:25-3:14)。今後は12分台を目指した練習を。

ガオくんはストライダーで走路妨害。ブウはママ友と教育談義。とそれぞれに、満足な一日でした。

パティシエ

f:id:kababuu:20170422221720j:image早くも参観日。

留守番の私たちは、ゴッコ遊びから、じゃあクッキー作るか、って流れに。

コネすぎたせいか、大変固いものに。

帰ってきたピノが、私も作りたかった、ど騒ぎだし、再度作り始め。材料を計ったり、時間を計算したり、と日常の算数を意識するにはいい。

 f:id:kababuu:20170422221706j:image

夕方は要人を迎えに空港へ。気になるランナー施設に立ち寄り、8.5kmの周回コースがあることを確認。

 

 

 

 

Remove all ads

初登園の感想は

初日は、きっと動物園状態なんだろうな。

『おともだちが泣いていたから、泣きそうになったけど、ガマンして泣かなかった』と。泣けるわ…

女の子とおままごとして遊んだそうな。

大人の選択

今のところ2つ、もしかして3つ重なる恐れ。

 

A:11時10分までに行かなければならないオトナの集い

B:10時5分スタートの、アノ大会

C:順延の場合ガオくんイベント

 

①Bに出て10㎞走って、Aに駆け込み、Cに駆け込む

②Aに顔を出し、Bは不参加、Cがあれば途中参加

悩んだ末に②に。

自動的に2018東京マラソンにも(あの部門としては)出られない。

次なる大会を探す・・・6月の復興マラソンか。

 

私の不調は睡眠の質が関係しているようで、やっぱ寝るって大切なんだなあ。

 

Remove all ads

おたま

行きつけのガーデンへ。

着替えと虫かごをもって。

大胆な姉と、慎重な弟。

 f:id:kababuu:20170416215159p:image

おたま、と略すのが普通と思ってたけど、たまじゃく、と周りの子供たちは言う。つゆだくみたいな響き。

 

おたまじゃくしと多量の卵を持ち帰り、忙しく騒がしいシーズンが始まる。

 

Remove all ads