Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

原点回帰

f:id:kababuu:20170329223614j:image

予報に反し、3日間まずまずのお天気。おかげで、甥っ子を交え3日間野球三昧。そして3日間連続で早朝ラン。3食昼寝付きでフル充電。

この場所に来るといろんな思い出が溢れてくる。子どもたちにとっても思い出の地になるのかな。

 

 

 

Remove all ads

謎の生物

f:id:kababuu:20170323205012j:image

今年も子どもたちの想像から生まれた規格外の作品展に立ち寄る。

ピノ作 『ライキリン』、解説がなんとも。

ガオくんは『おおきなカブ』

f:id:kababuu:20170323210626j:image

相当大きい。

 

 

Remove all ads

今日もトーキョー

今日も出張、と言い忘れてた。

どこいくの?霞ヶ関?と尋ねられ、なんで霞ヶ関かな、と笑。

浜松町にて1日が終わる。

帰りの新幹線は煙が染み込んだ方々による、居酒屋みたいな盛り上がりにカチンとくる。

 

肉離れではない、と否定できない痛み。 

そうであれば、場所的に仙台ハーフに間に合わないか。ひどい筋肉痛であってほしい。

 

贅沢なホリデー③

特記するような事がなかった2日目なので②はなく、③はいよいよ年に一度の大一番。

ただ、なんだかスッキリしないだるさを感じながら、アップすれば、走り出せば、吹っ切れるものだろうと期待してたけど。

1キロ3:20、風のせい?2kmが6:43,3km10:12とアレ?と思いながら、ピッチだけは落とさずに、と見えない前を追う。アンカーはゼッケンが青色なので、見分けがつくし、3位のランナーの容姿は中継所で確認していたので、望みを持ちつづけ、あの崖下りに差し掛かる。

足元に気をつかいながらも、ここで前が見えたら力が湧き出てくるかも、遠くを眺めつつ。下りきる手前で登っていく選手が、アレか?と。崖下りの直後は動きが少し良くなったものの、階段でまだその力も使い切ったような。

とはいえ、もう少しで下り道だから、と励ましつつ迎えたラスト2㎞。現状の出せる限りの力を使い果たし、フィニッシュ手前ではついにハムストに違和感。

使い切ってもタイムは昨年より41秒遅く、1㎞で5秒のずれを感じているとおり、計算通りの遅化。

f:id:kababuu:20170321120011p:plain

戦い終わって、の反省会(してないか)はいつもながら話題が尽きない、心安らぐ時間でした。

贅沢なホリデー①

ひとり三連休がスタート。

車があるから、近所じゃない何処かへ走りに出かけようと。

f:id:kababuu:20170318210300j:image

f:id:kababuu:20170318210308j:image

f:id:kababuu:20170318210335j:image

風の音、鳥の声だけが聴こえるなか、気持ちよく、気分よく。

その後は職場にて、AIにやってもらいたいくらい単純な仕事を淡々と。

 

夜はグレートレース、アルプス250kmの録画をみながら夕食。会長さんと出るのもいいかもね。

 

 

 

贈る言葉

f:id:kababuu:20170317215209j:image

諸先輩方の含蓄のある言葉や羅針盤となるような門出に相応しい話、に続いた私は、なんと薄っぺらな話しか出来ないのか、と。ま、それも私らしいな。

 

中でも、常に手を合わせる気持ちで人や物事に対して接することの大切さについての話が実によかった。

 

 

 

 

 

 

Remove all ads