添削せんせい

志望動機を添削っていうか、オレが書いてる。

会社を調べ、業界を知らべ、本人の良さやこれまでのやってきたことを踏まえて。

「ありがとうございます」という言葉だけでも欲しいわ。

 

添削一切してもらえなかった学生時代。

反面教師で、丁寧に、と思うが、二人目にしてキツくなってきた。

やっぱり、一切しないスタイルを継承すべきか。

ことわざ

カラスも木から落ちる

タカの行水

のうあるさるはつめをかくす

タカに小判

 

ピノ珍回答集

ま、ハズレ、とも言い難いなぁ。

なんて言ってはならぬ、と。

 

Remove all ads

初観戦

野球をしに行く、と勘違いしているガオ君が心配でしたが。

四球、エラーと締まらない試合だったようですが、試合終了まで観戦した模様。

f:id:kababuu:20170406225034j:image

 

Remove all ads

ウォーミングアップ

最近、歩きにストレッチ的な動作を組み合わせるのが、いろんなスポーツで流行っているけど、時間的なメリットのほかに何の意図があるんだろう、と疑問でした。

週末のスポーツ教室で末續さんが、歩きながら(肩を動かす)動的ストレッチを行う意義を3つ挙げていた。

①リズム感

②体の軸:動かしながらバランスを保つ

③動かしている部分の可動域向上

ま、でも歩かなくてもいいんじゃない、とも思うけど、実際歩いてやったほうが動かしやすかったり、走っているときの筋肉・関節の状態を確認するには動いていたほうが正確に把握でき、安定した状態での静的な柔軟性よりも、動いているときの可動性が重要で、それがが目的なので、そういう意味ではこの方法がよいのかな。

 

もう一つ、バンドを使ったストレッチもよく紹介されることがあるけど、これもどんな理由で、という理屈がわからない。でも、確かに股関節のような球関節の場合、関節方向に力を加えながら、多方向に動かすとバンドの張力が無い場合よりも、伸びの感じ方が強く、主動作を補助したり、抗重力に働く細かな筋肉にも伝わるような。

 

ま、気持ちよければそれでよし。

 

 

 

 

 

 

仕事始め

新年度一発目の舞台。機器トラブルが15分前に解消して、なんとか予定どおりに。XPはもう無理か。

負荷試験をライブで、とリスキーな企画をサポートしてくれた皆さんに感謝。緊張感と疲労感にて、今夜はラン無し。

f:id:kababuu:20170402201116j:image

 

Remove all ads

ランナーのホンネ

という日経コラムが、まさに本音を上手く活字にしているなぁと感心する。

" 走りながら自分と向き合い、自分から逃げられない状態になり、自分と濃密な時間を過ごしていることに意味がある"

"思考がどんどん内面に向かっていく。そういうときに思想が生まれるのかもしれない"

 

今夜はまさに、違和感はおさまり没頭して走れた。昨日は荒療治で、高負荷の筋トレをやってみて、筋肉痛を感じながらどのように練習サイクルに組み込んでいくかを模索。

かぞえてーんぐ

一緒に観ようよ、とガオくんといっしょに歌ったり真似したりしていた朝の定番「おかあさんといっしょ

なかでも「かぞえ天狗」の出会いは衝撃的、なんでも数えたくてしょうがない天狗、というキャラ設定の無茶振りと、それを見事に演じるお兄さん魂が。

1月の公演で観たときは、ウォーって思わず。

https://pbs.twimg.com/media/C767dY-XUAEdKbe.jpg

教員もパフォーマーを目指さないといけない時代ですから、新年度私がやりますか。