Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

己の道を信じよ

やっぱ同世代以上のランナーが、タイムもそうだけど、力強い走りを目の当たりにすると、いいなぁなんて思ってしまう。とはいえ、トネガワさんはペースダウン、ヒラツカさんは途中棄権、と東京では振るわなかったようで、それもまたマラソンの繊細さなんだなあと。

ヒラツカさんが主宰するサブスリー塾のPVにある、躍動感のある走りが印象的で、思わず申し込みたくなるような。

今夜はそのイメージで百メートルくらい走ったところで息が上がり、これは身の丈に合わないな、と。

やはり、自分らしく、遅そうに見えて速い、弾まない走りで行くしかないんだな。