教育革命

何事も根拠が求められる時代。

ヒトの中身がどう成長したかについても、同様。

 

卒業時に「Aという能力を身につけたものに学位を与える」

とすると

Aという能力を伸ばすための様々な授業や課外活動が提供されているべき。

それらの評価点も高くなっていくはず。

評価手法の妥当性も問われてくる。

当然「教育の質」も問われることになる。

あらゆるものがデータ化され、収集分析が可能な時代ゆえに、

そういうカリキュラムマネジメントが義務化されるという流れ。

 

通知表の評価も、データに基づく根拠の提示が求められる日がくるかも。

 

もっとも、なんだけど、そんな単純なのか、人って?